嘘が成功の鍵!?出会系サイトでセフレや恋人を見つける方法

この記事の所要時間: 421

出会系サイトなどでセフレや恋人を探すとき、みなさんは「こんにちは」とか「メールしよ」とか、ひとことしか書かれていないメールを送ってしまっていませんか? そのようなメールを送っていては、いつまで経っても出会いは得られません。それはなぜかというと、そのようなメールを送る男性はたくさんいるからです。

女性は、出会系アプリに登録していると、多数の男性からメール受け取ります。その中には真面目にメールを考えて送ってくれた人もいれば、そうでない人もいます。女性がどちらに優先してメールを返信するかは、言うまでもないことですよね。つまりひとことだけしか書かれていないメールを送ると、あなたは「その他」のひとりになってしまい、返事をもらうことができなくなってしまうのです。

したがって、メールをいちいち考えて送るのは面倒かもしれませんが、せめてその女性と「なぜ会いたいと思ったのか」という部分は明確にするようにしましょう。なぜ会いたいと思ったか、なぜメールをしたいと思ったかというのは、あなたがその女性を選んだ理由と直結しています。それを明確に述べることで、誰でもいいわけではないというアピールになるんですね。

いい加減な内容のメールに女性が返事を出さないのは、「ヤれれば誰でもいいんでしょ」という思いがあるからです。多数の女性にいっせいに連絡して、もし返事があれば、その人と会ってセックスをする。適当なメールを送る男性からは、そのような考えが読み取れるのです。

実際そうだという男性も多いでしょうが、しかしそれを正直に曝け出していては、出会いを得られず、もったいないというもの。うまく女性を騙して、いい気分にさせて、その気にさせないとセックスをすることはできません。もちろん恋人を作ることも不可能です。相手のプロフィールをよく読んで、嘘でもいいですから、どこを魅力に思ったかをはっきりと書くようにしてください。

これといった魅力がない場合

早いとこ出会いが欲しいと思えば、ルックスがいまいちな女性を狙うのが良いですが、そうする場合、相手に魅力と思えるポイントがひとつも見当たらないということもあると思います。だからといって、誰でもよさそうなメールを送ってしまうと、また失敗です。何を書いたらいいかわからない、そんなときには、相手と自分との間に共通点を探してみましょう。

たとえば彼女はどんな理由でサイトに登録したのでしょうか。職場に出会いがないから、あるいは周りが年上だらけだから、異性の知り合いが極端に少ないから、合コンなどに行く勇気がないから等々、様々な理由が考えられると思います。そしてその「サイトに登録した理由」というのは多くの場合、相手のプロフィールに書いてあるものです。そこであなたは、「僕も同じなんですよ!」といった感じでメールを送るわけですね。

こうすれば、相手のルックスや性格に特筆すべきポイントが見当たらなかったとしても、話のきっかけを掴むことができます。また、同一の事情を抱えているということが仲間意識を生むため、誰でもよさそうといった雰囲気はあなたのメールから排除されます。出会いに繋がるかもしれません。

もし共通点さえ見つからないというのでしたら、簡単なことです、自分で「作って」しまいましょう。たとえば相手が失恋したばかりだというなら、あなたも彼女と別れたばかりだということにすればよいのです。仕事柄出会いがないんだというのだったら、あなたも同じ境遇にあることにしてしまいましょう。

相手には嘘をつくことになりますが、セフレという関係なら、会ってセックスをして終わりなのですから、その嘘がばれるということはそうないと思います。恋人として付き合うとしても、何か都合が悪くなったら、こちらの状況が変わったというだけですべて解決しますよね。

出会系サイトは、いわば戦場のようなものです。何十人という男性が、一人の女性を取り合うのです。その中でいちばんになることは、多少強引な手を使わないと無理な場合も多いでしょう。嘘は誰にでもできる、必要最小限の工夫です。それをためらっているようでは、いつまで経ってもセフレも恋人もできませんよ。

嘘をつくときの注意点

相手に対して嘘をつくとき、注意しなくてはならないことが2つあります。ひとつは、その嘘が途中でばれないように、発言には気をつけることです。その嘘がもし本当のことだったらと考えて、想像力を働かせてください。たとえば職場に出会いがないと言っていた人が、「そういえばうちに最近けっこう可愛い後輩が――」なんて話し出したら、あれおかしいぞ、となりますよね。

もうひとつ、自分のプロフィールを必ず点検するようにしてください。たとえば相手が「失恋したばかり」と言っていて、僕も同じなんですよとメールをするとします。しかしあなたのプロフィールに「2年前に別れました」などと書いてあったら、一瞬で嘘がばれてしまうわけです。相手に嘘をつくときには、その嘘にあわせてプロフィールを変更するようにしてくださいね。

主に変えるのは好みのタイプやサイトに登録した理由の部分になりますから、そこまで大変な作業ではないと思います。